脳動脈瘤とはどんな病気でしょう

脳動脈瘤とは脳内の血管の一部が風船のように膨張してしまう病気です。脳動脈瘤が大きくなると血管が突然破裂してしまう場合もあります。

脳漏脈瘤を引き起こす原因とは

no.1

先天的な動脈壁の異常

多くの場合、脳漏脈瘤の原因は生まれつきの先天的な動脈壁の異常、血管系疾患によるものです。

no.2

頭部の外傷

頭部に負った何らかの外傷が原因となって脳動脈瘤を引き起こすこともあるため注意が必要です。

no.3

高血圧症

高血圧症が原因となって脳動脈瘤になってしまうケースもあります。高血圧の方は注意が必要です。

no.4

喫煙

過度の喫煙は脳動脈瘤の原因となる場合があります。ヘビースモーカーの方は気をつけましょう。

no.5

薬物乱用

薬物乱用は身体に負担をかけ、脳動脈瘤の原因となることもあります。必要以上の薬物摂取は避けましょう。

レントゲン診察

未破裂のコブがもたらす危険

脳梗塞や脳溢血、くも膜下出血など命に関わる脳の病気というと様々な病気が有名どころとして挙げられます。それに比べて聞き慣れない病気かもしれませんが、脳動脈瘤と診断される人も少なくありません。瘤とは言い換えればコブです。脳の動脈にコブが出来るのがこの病気です。脳の画像検査をした際に発見される事が多く、脳動脈瘤がありますと言われると多くの人は不安になるでしょう。しかしこの病気はある程度の大きさまでは経過観察で良いと言われる事も少なくありません。医学的には未破裂脳動脈瘤と言われます。これが破裂すると、くも膜の内部で出血が起こり命に危険が及びます。つまりくも膜下出血という訳です。動脈瘤は残念ながら自然経過で消退する事や内服で完治する事はなく、破裂しないように防ぐ為、治す為には手術を受ける必要があります。

コブをとるには手術が必要

脳動脈瘤が破裂しないようにするには手術が必要です。クリッピングと呼ばれる手術が一般的です。その名の通り、特殊なクリップで瘤の根本を留める手術です。血管に出来た瘤の根本はネックとも呼ばれますが一部がくびれて細くなっており、その部分を医療用のクリップで留める事により瘤への血流がストップしてコブは無くなります。クリッピング以外にもカテーテルを使った手術で瘤に特殊なコイルを挿入する、コイル塞栓術もあります。カテーテルでの手術の最大の利点は頭を開いて手術しなくて良い事です。患者の身体的負担はもちろん、女性だったりすると髪の毛を剃ったりする事で感じる精神的苦痛もないので近年はコイル塞栓術が選ばれる事が増えています。コイル塞栓術の場合は術後に血が固まるのを避けるための薬を飲む必要があるため、出血が止まりにくくなるなどの注意点も存在します。

糖尿病の食事に大切なことって?
有益な情報を大公開☆

脳動脈瘤は専門クリニックで治そう
名医が在籍している病院を厳選公開♪

脊髄損傷の治療を進めよう
優良クリニックを厳選特集☆