HOME>オススメ情報>糖尿病の改善に効果的な食事療法を徹底解説

糖尿病を改善するための食事

糖尿病を改善するために有効なのが食事療法です。糖尿病の食事によって血糖値が大幅に上昇するのは抑えられます。

糖尿病の食事のポイント

  • 糖尿病の食事は、1日30品目以上を摂取するようにしましょう。
  • 糖尿病の食事は必要以上のエネルギー量を摂取しないように気をつけましょう。
  • 糖尿病の食事は1日3回、規則正しく摂取するようにしましょう。
  • 糖尿病の食事は血糖値を上げる食べ物を避けましょう。
  • 糖尿病の食事は魚や野菜を多めにしましょう。
  • 糖尿病の食事ではゆっくりよく噛んで食べましょう。
  • 糖尿病の食事では脂質を多く摂りすぎないように気をつけましょう。
  • 糖尿病の食事は炭水化物やタンパク質、食物繊維やミネラルなどバランス良く栄養を摂るようにしましょう。
  • 糖尿病の食事は深夜にならないように気をつけましょう。
  • 糖尿病の食事だけではなく適度に運動もしましょう。

糖質制限をするのが食事の基本です

食卓

糖尿病は慢性の疾患ですが、血糖値を安定させることで、合併症を予防したり、良好な状態を維持出来ます。病気が診断されると内服薬を続けることが大事ですが、毎日の食事は大変重要になってきます。糖尿病の食事は、お米やパン、ラーメンなどの炭水化物を控えて、大豆や青魚などの良質なたんぱく質を補う必要があります。炭水化物は人体に必要ですが、食べすぎると体内で糖質に変化します。白米や食パンは、血糖値が上昇しやすいので、玄米やライ麦パンなどがお勧めです。

固い食材を選ぶと満腹感を感じやすいです

食事

玄米やライ麦パン、雑穀パンなどは、しっかりと噛む必要があるので、少量でも満足感を感じやすいです。糖尿病の食事は糖質制限が中心になります。ご飯やパンなども適量は食べても問題はありません。ほうれん草やブロッコリー、トマトなどの野菜類や海藻類、大豆食品、脂身の少ない肉類などをバランスよく食べることが大事です。肥満気味の人は食べすぎの傾向があるので、カロリー計算をするのがお勧めです。糖尿病の食事に関心のある人は、療養食の献立が乗っている料理本などを購入するのもお勧めです。柔らかい食べ物は、あまり噛まないので満腹感を感じにくいです。固めの食材を選んで調理をすることで、ゆっくりとよく噛んで食べることが出来ます。血糖値を安定させることで、長生きをしている人が増えています。